断捨離なんてコツさえわかればズボラなあなたにも簡単にできる!

断捨離なんて簡単 生活

最近、断捨離ブームが起きていますね。

書店に行っても、断捨離や片付けに関する書籍はたくさん出ています。

これ欲しい!

と思って購入しても、すべてが必要というわけではありませんよね。

その場の衝動で、つい買っちゃった・・・なんてものもけっこうあるんじゃ無いですか?

そういうものの中には、結局ほとんど使わずに埃を被っている、なんてものも少なくないでしょう?

大丈夫、あなただけじゃありません。

みんなそうです。

みんな、捨てられないんです(笑)

でも、このまま行くと、家中にものが溢れかえってしまい、とんでもないことに・・・

なんとかしなければ・・・って思いますよね?

そう思ったなら、いまが断捨離すべき時です!

 

確かに、物が溢れすぎている昨今、本当に必要なものだけを考える断捨離は自分を見つめ直すきっかけにもなっていいかもしれません。

 

しかし、ただ単に断捨離と言っても、簡単にはいきません。

だって、いま捨てずに取ってあるものは、あなたにとって捨てられなかったものでしょう?

それ、本当に捨てられますか(笑)迷ってますねぇ・・・

 

そろそろ本気になりませんか?

不要なものは捨てるんです。

それしか方法はありません。

決断しましょう!

 

といううことで今回は、断捨離なんてできっこない!と考えているズボラなあなたに、

断捨離のコツを伝授したいと思います!

 

断捨離のコツを活用して有り余る服を効率よく整理する方法

断捨離でもっとも難しいのが服です。

服はついつい持て余してしまいがちです。

 

セールで安かったから買ってしまった、昔買ってお気に入りの服だった、サイズが変わって着れなくなってしまった、いつか着るから・・・

このように何かと理由をつけて服を残してしまいがちです。

いつか着るから・・・本当に?

いつかって、いつですか?

 

いつかいつか、いつもいつか(笑)

 

そうやってタンスに入りきれないほどの服が家中に溢れかえっているんでしょう?

どうせ着ない服ですから、思い切って捨てちゃいましょう。

それが断捨離です。

 

ただ断捨離と言ってもやみくもに捨てるものではありません。

断捨離のコツを掴んで、効率よく服を整理するようにしましょう。

え、捨てるのにコツなんてあるの?

 

ありますとも。

そのコツを知れば、面白いように部屋が片付いていきますよ。

ということで、その「コツ」について説明しますね。

持ってて良い服の数を決める

しまえる以上の服を買ってしまうから、整理が出来なくなるんです。

まずは自分の「持てる数」を正確に知りましょう。

クローゼットのスペースの都合でもいいですし、タンスのスペースでも構いません。

まずちゃんとしまえる服の数を決めてしまいます。

そして、その服の定数を超える服を買ったら、その分着ていなかった服を捨てるようにしましょう。

もし捨てられないなら、新しく買ってはいけません!

まずはこのルールを自分自身に徹底させること。

 

もし現段階でしまえる数以上の服を持っているなら、しまえる数まで減らしましょう。

捨てるのが勿体ないなら、メルカリなどを活用して売りましょう。

売れないものは捨てるしかありません。

思い切って捨てましょう。

 

どれを捨てるか迷ったら、着ている頻度を考えてもっとも着る頻度が低いものから捨てていきましょう。

 

また新しい服が欲しくなった時も、新しい服を買うには何かを捨てなければいけない。

スポンサーリンク

このルールを徹底すれば、衝動買いは驚くほど減りますよ!

断捨離までの期間を決める

服をいきなり断捨離しろと言われても難しいです。

気に入って買った服だし、どれこもれも捨てるのは勿体ない・・・

捨てる服を選べない・・・

 

そんなときは、1年ルールの出番です。

 

買って1年経っても、ほとんど着ていない服は、今後も着ることはありません。

思い切って捨てちゃいましょう。

 

こうして着ない服をピックアップしてみると、あることに気付きます。

そう、着ていない服は新品同様なんです!

ほとんど着てないんだから、当然といえば当然ですよね(笑)

 

こうした、買ったはいいけどほとんど着なかった服は、けっこう高く売れます。

数枚あれば、新しい服1着ぶんくらいの費用はすぐに捻出出来ちゃいます。

着ない服を中古で売って、そのお金で新しい服を買う・・・

 

部屋も片付くし、新しい服も買えるし、いいこと尽くめだと思いませんか?

断捨離のコツは捨てるだけじゃない!書類の上手な整理法とは

書類もついつい溜まってしまい、断捨離をしたくなりますよね。

しかし、書類の場合は捨ててはいけないものあり、むやみに断捨離をするとあとで困ることにもなります。

そうならないために書類の上手な整理法を伝授しましょう。

書類を一ヶ所にまとめる

まず書類という書類を一ヶ所にまとめてみましょう。

その中から断捨離するものしないものに分けましょう。

なんとなく残していたチラシや、家電の取扱説明書、期限の過ぎた保証書、使ってない店のポイントカードなど、けっこうたくさんいらないものが出てくると思います。

これはいらないなと思ったらスパッと断捨離です。

逆に、給与明細、源泉徴収票、契約書、必要な領収書などは後々必要になってくることが多いと思いますので、これらはしっかりととっておくようにしましょう。

専用の棚を作る

必要な書類をまとめようと丁寧にファインダーに収める方もいますが、これだと整理整頓が好きな人以外はファインダーに収めるのがめんどくさくなり途中でやめてしまうことがあります。

そのような人は無理にファインダーに収める必要はありません。

文房具屋に売っているような、小さな棚を使って、最低限の区分けをしたらそこにポイポイしまうだけで大丈夫です。

むしろファインダーに収めない分、かさ張りもせず、コンパクトにしまえます。

あとは断捨離していいか微妙なものはスキャナーがあればデータ化して残しておくのもありです。

 

ご自身の考えに合わせて、最適なものを選んでくださいね!

まとめ

断捨離は有益ですが、それはあくまで自分が必要なものを見つめ直すことが有益という意味です。

断捨離してものを捨てることが目的となってしまっては意味がありません。

断捨離は手段であって、決して目的ではありません。

このことを忘れないようにしてください。

 

これを忘れて断捨離そのものが目的なってしまうと、必要なものまで捨ててしまって、後々後悔するなんてことになることもありますから注意が必要です。

しつこいですが、もう一回いいますね。

 

断捨離は「手段」であって、「目的」ではない!

 

このことを念頭に置いて、少なくとも1年に1度は自分に必要なものを見つめ直し、断捨離をしてみてはいかかでしょうか?

 

ということで、今回はこのへんで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました