カメラ入門者必見!こうして選べば間違いなしのおすすめ三脚はどれ?

三脚を使って良い写真を撮る 趣味

スマホにカメラ機能が搭載されてから、素人でも簡単にキレイな写真を撮れるようになりました。

そのせいか、コンパクトカメラを購入する人は少なくなった気がしますね。

だって、コンパクトカメラよりも遙かにお手軽に、しかもコンパクトカメラ以上の写真がスマホで撮れてしまうのですから(笑)

反面、写真を撮る醍醐味のようなものはどんどん薄れてきているといわざるを得ません。

車を単なる移動手段、日頃の足としてのみ考えるのではなく、趣味としてさまざまな部分にこだわる人がいるように、カメラも趣味として楽しむ人は少なからずいます。

そうした人たちは、高性能な一眼レフカメラを購入し、周辺グッズもこだわって揃えたりします。

ここで多くの人が、周辺グッズはどのようなものを揃えたら良いのだろう・・・と悩みます。

今回はそんな人のために、カメラに必要な周辺グッズの中でも特に製品選びで迷いやすい三脚について説明します。

カメラマンの必需品!上手に撮れる三脚コンパクトタイプBEST5

写真を上手に撮る為には3脚が必要ですよね。

手持ちの撮影はお手軽ですが、どうしてもシャッターを押す時に手が動いてしまいます。

その結果、撮った写真がブレていたり、そこまで行かなくても何となくピントが甘い感じになってしまいがっかりすることがあります。

ピントのしっかりと合った鮮明な写真を撮る基本は、カメラを静止して撮ること。

シャッタースピードがある程度速ければ手ぶれを気にする必要はありませんが、薄暗い室内や日陰など光量の足りない場面での撮影では三脚を用いるのが鉄則です。

でも、三脚ってものすごいたくさんの種類が販売されていますよね。

どれを選んだら良いのか、迷ってしまうという人も多いことでしょう。

実は、撮りたいシーンに応じてベストな三脚は変化します。

ですからまず、アナタが撮りたいシーンを考えてみて下さい。

運動会などの行事、ペット、風景、家族との写真、花火などなど。

撮りたいシーンによって選ぶ三脚も変わってきます。

 

ここではシーン別のオススメ三脚を、素材や強度・大きさの違いなどを中心に、持ち運びにも便利なコンパクトタイプの三脚を5点選んでみました。

アナタに気に入ってもらえる商品はあるでしょうか?

風景写真におすすめの三脚

カーボン素材の三脚がおすすめです。

カーボンは軽くて丈夫なので、カメラをしっかりと固定できます。

スリック E74 ライトカーボン 4段3脚

構造がシンプルでとても使いやすい三脚です。

小型一眼レフ向きで、あまり大きなレンズを付けなければどんなシーンでもこなせます。

ただし、フルサイズ一眼レフなど、本体が重いカメラや大きなレンズを装着して使うにはちょっと不安が残ります。

スポンサーリンク

お値段は55,000円ですが実売価格は30,000円以下で購入できます。

スリック エアリーM100 トラベル三脚

コンパクトで持ち運びに便利。使用時には標準的な高さになります。

脚を伸ばす際にワンタッチで固定できるため、旅行先などでは重宝します。

こちらも小型一眼レフ向きです。

お値段は20,800円ですが実売価格は15,000円前後でしょう。

Manfrotto ビデオ三脚 Befreeアドバンス

マンフロットの三脚は格好いい!

ということで根強いファンが多いのが特徴です。

アルミ製で強度はそこそこですので、やはり大きめの一眼レフにはちょっと不安が残ります。

脚ロックをまとめて解除でき、一気に脚を出すことができます。

雲台を替えることでさまざまなカメラ、ビデオに対応します。

コンパクトなサイズですので旅行に持ち歩くにはおすすめです。

種類により値段に幅はありますが、20,000円〜30,000円程度で購入できます。

花やペットなどローアングルの写真を撮るならローポジション三脚

オールマイティではないですが、低い位置の被写体を撮るときに重宝します。

ベルボン マクロ用アルミ三脚 ULTRA 553mini

マクロ用の三脚です。金属製で安定感があります。

お値段は23,700円、実売価格は18,000円くらいでしょう。

持ち運びにも便利なミニ三脚

軽くて運びやすいのでカバンに1つ入れておくと便利です。

気軽に記念撮影ができ、さまざまな場面で重宝すること請け合いです。

マンフロット PIXI ミニ三脚 MTPIXI-B ブラック

携帯に便利で万能性に富んでいます。

デザインもかなりオシャレですよね!

お値段は3,000円前後です。

まとめ

これからカメラを始めようとしている方のために、三脚の選び方とオススメ商品を紹介しました。

今回の記事を参考に、さらなる情報をネットから得るも良いですが、出来れば実際にお店に足を運んで実物を見て、触って、あなた自身で確かめてみてください。

百聞は一見にしかずです。

実物を目の前にすると、ほぼ間違いなく印象が変わります。

下調べしているときはすごく良いと思えた三脚が、店頭で実物を見たらイメージとずいぶん違う、なんてことは頻繁に起きることです。

あとで後悔しないためにも、可能な限り実物に触れてから購入するようにしましょう。

 

三脚はあれば便利ですが、使い方をまちがえると周囲の方に大変な迷惑をかけてしまいます。

三脚を使用するときは三脚の使用が許可されていることを絶対に確認してください。

案外、三脚による撮影禁止という施設は多いですよ!

 

そして撮影するときは、自撮り棒と並んで周囲の人に迷惑をかけないように気配りを忘れないでくださいね。

マナーを守って楽しいカメラ撮影を。

ベストショットを撮りましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました